FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.18 神戸でファーマーズマーケット(1) - 2016.11.13 Sun

EAT LOCAL KOBE FARMERS MARKET
🏠東遊園地(神戸市中央区加納町6丁目)
 *遊園地と言ってもジェットコースターはありません。芝生の落ち着いた公園です。
・最寄駅:三ノ宮駅(JR)、神戸三宮駅(阪神本線、阪急神戸線)など。
・おすすめ:神戸の街中で人とふれ合いながら、地産地消を愉しめます。
 🍅神戸って、農水産物に恵まれたところだったのです。
────────────────────────────────────────────────────────────────
5年前、オーストラリアの友人に案内されたブリスベンのファーマーズマーケット。

ファーマ―さんとの会話を愉しみながらマーケットを練り歩く友人の姿にワクワクし、「日本にもこんなマーケットがあったらなぁ」とつぶやいたワタクシ。

ですが、日本にもちゃんとありました。
今年の春にネットで見つけた「EAT LOCAL KOBE」のファーマーズマーケット、ブリスベンに勝る魅力に溢れていました。

やはり一番の魅力はファーマ―さんとのやり取り。野菜であれば農法を尋ねたり、料理のレシピを教わったりできるのです。そして自分の手に渡るまでの物語を知り、より味わい深くなったりもします。神戸にこんな愉しみ方があるなんて、嬉しい新発見でした。

もう一つの魅力は神戸の食材を使った朝ご飯がいただけること。四季折々の恵みを緑の木々と芝生広がる公園で満喫出来ます。この心地よさと風通しの良さにも魅了され、毎週土曜の開催を心待ちにしています。

そんなファーマーズマーケットは神戸市とファーマ―、ボランティアや事務局などの方々で毎回協力して作り上げるそうなのですが、失礼ながら行政の匂いを感じさせない、とても洗練された雰囲気なのです。お客さんのマナーもよく、そこはさすが神戸。交通の便の良い街中でのマーケット、と言うのも嬉しいポイント。

と言うわけで、「EAT LOCAL KOBE ファーマーズマーケット」でのスペシャルな一日を、これから数回に分けてご紹介いたします。

何がスペシャルかと言いますと、昨年春から続くマーケットの「エリア拡大&イベント満載版」が11月5日㈯に開催され、その様子をお伝えするからなのです。あまりに魅力的なお店&イベントが多く一度ではお伝え出来ないため、パート3くらいまで続ける予定でおります。

食以外にも、神戸移住の参考になる「神戸暮らし体験ツアー」の情報もご紹介いたします。

東京での生活に疑問を感じている方にも、そうでない方にも、神戸でのムーブメントをお伝え出来れば幸いです。


ガイド本とカボチャたち
「EAT LOCAL KOBE」サイトへ
関連記事
スポンサーサイト

Vol.19 神戸でファーマーズマーケッ卜(2) «  | BLOG TOP |  » Vol.17 絵葉書でGO (その2.神戸市・岡本編)

プロフィール

ドバルダン

Author:ドバルダン
関西食わずぎらいを反省中の東京出身者です。
🌺れんげ畑が残る頃の世田谷生まれ。いまは色々な国の人が集う関西の学び場で働いています。
趣 味:小さな喫茶店めぐり
愛読書:「東京の小さな喫茶店 再訪(常盤新平 リブロアルテ発行)」

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめまして (1)
食べること (7)
アートな福祉施設 (0)
であう・はじまる物語 (9)
シブヤ大学が関西にもあった (0)
これは便利でした。 (2)
阪急梅田駅で西の食材めぐり (1)
ウワサは本当でした。 (2)

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。